エヌシーアイ販売

再生・リサイクルトナー販売ならエヌシーアイ販売株式会社/STMC取得

tel.078-986-0701

営業時間 平日9:00~17:00 ※年末年始を除く

リサイクルトナーカートリッジについて

リサイクルトナーカートリッジとは?

eco_ntoner1_image01

リサイクルトナーカートリッジとは、使用済のトナーカートリッジを、回収、分解、清掃、部品交換、組立、トナー充填を行い、再使用可能にしたものです。
廃棄されてしまう使用済のトナーカートリッジを再利用いたします。
本来であれば、環境問題(産業廃棄物)につながる、廃棄される使用済のトナーカートリッジを、平均2回から5回再利用することで、資源の有効活用、地球環境問題への取り組みへ参加する事になります。
そしてさらに経費削減効果が得られるすばらしいものとなっております。

環境問題に大きく貢献します!

ecoimage2

使用済みとなったトナーカートリッジは産業廃棄物となりますので、純正品トナーカートリッジを1度だけ使用して廃棄してしまうと、環境問題に繋がってしまいます。
それに対し、リサイクルトナーカートリッジは、使用済のトナーカートリッジを複数回再利用する事により無駄をなくし、地球環境保護と資源の有効活用に大きな貢献ができます。

トナーカートリッジ1本からのCO2削減

tree2

- ブナの木 約867万本に相当 -
ブナの木500本に付き1tのCO2を吸収すると言われますから、リサイクル品の年間CO2削減量1万7,340t-CO2に換算すると、ブナの木約867万本に相当することになります(AJCRの統計より)。
AJCRのホームページに詳しい情報が記載されておりますので、興味のある方は下記バナーよりご覧ください。
  • ajcr_banner
    AJCR(外部サイト)

経費削減に効果的です!

costdown

リサイクルトナーカートリッジは、使用済のトナーカートリッジの状態にもよりますが、分解清掃と部品交換により、約2~5回の再利用が可能です。純正品トナーカートリッジの定価の約50~80%OFFの価格で購入できますので、大きな経費削減効果が期待できます。
(例)38,000円の純正品(カラー機種4色)を、1年で各色12本ご使用の場合・・・
純正38,000円×4色×12本 = 1,824,000円もの経費となりますが、これをリサイクルトナーにすれば364,800円~912,000円で購入できますので、およそ91万~146万円もの経費削減が可能となります。

安心の品質

世界品質基準を保証

stmc

当社は、トナーカートリッジの世界的な品質基準に当たる「STMC」(Standardized Test Methods Committee)の取得企業です。STMCにはトナーカートリッジのリサイクルを行うための、設備・検査・機器・テスト方法・梱包・出荷・環境配慮に至るまで細かい基準が設けられています。

環境と品質(ECO & QUALITY)を保証

STMCトレーナー認定

当社は、日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)が制定した環境と品質の管理基準である「E&Qマーク」認定を受けた製品を多数製造しています。

エヌシーアイ販売のリサイクルカートリッジに対する取組

torikumi

私たちはレーザープリンター用トナーカートリッジのリサイクルという企業活動を通じて、3R(Reduce・Reuse・Recycle)の視点に立って産業廃棄物の減量に取り組み、将来の地球環境を考え、未来の子供たちに美しい地球をつないでいく、本当の意味での豊かな社会の実現に向けて日々努力しています。

レーザープリンター用トナーカートリッジには、純正メーカーが提供する「純正」トナーカートリッジと、リサイクル業者が提供する「リサイクル」トナーカートリッジがあります。リサイクルトナーカートリッジは、本来であれば使用後に廃棄されてしまう純正トナーカートリッジを、リサイクル業者が回収し、分解、清掃、部品交換、組立、トナー充填を行い、その後に印字検査、梱包の工程を経て再販売されるものになります。

eco

純正トナーカートリッジの多くは使用後に廃棄処分となり環境問題に繋がってしまいますが、リサイクルトナーカートリッジは使用済カートリッジを再利用する事により、環境問題に大きく貢献しています。

リサイクルトナーカートリッジは、外観及び内部の破損がなければ、数回再使用が可能です。再使用できなくなったカートリッジは、分別してから廃棄されますので、再資源として利用されることになります。廃プラスチック・廃トナー(廃カーボン)は溶解処理されて燃料もしくは再資源化され、金属類も再資源化されています。

ページトップ